Topics

因果関係の証明は重要(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

因果関係

後遺障害の等級認定において、因果関係がないことを理由に非該当との認定を受けることは少なくありません。

良くある例としては、
交通事故後最初に受診した病院では、大したことはないなどとの理由で精密な検査を行ってくれなかった。
仕方なく、転院したが、転院先の病院で傷病名がついた時には、交通事故から3,4ヶ月経過していた場合
それほど期間が空いてしまうと交通事故との因果関係の立証は極めて困難です。
後遺障害の等級申請をしても、最初の病院では傷病名付いていないことから、因果関係が認められないなどと非該当とされる可能性が極めて高いと思われます。

どんな病院で治療してもらうかがその後に大きく影響してきます。
まともに対応してくれない病院に当たってしまったときは早急に転院を決断することも必要かもしれませんね。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー