自賠責保険の消滅時効

カテゴリー その他

自賠責保険にも消滅時効というものがあります。その期間に権利を行使しない場合は権利そのものが消滅してしまうということになります。

自賠責保険における請求の消滅時効は以前は2年でしたが、自賠法19条が改正され、平成22年4月1日以降発生の事故については3年となっています。

時効の起算点は、原則事故発生時とされていますが、後遺障害が残った場合は「後遺障害発現のとき」とされており、一般に症状固定時と解されています。

以下、自賠法抜粋です。

 

(時効)

第十九条  第十六条第一項及び第十七条第一項の規定による請求権は、三年を経過したときは、時効によつて消滅する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です