Topics

第1回ジコナビ研修会の報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

——————————————————–
ジコナビ研修会のメインテーマ
「交通事故解決に大切なのは法律よりも医療!」
——————————————————–
本日の記事は、第1回ジコナビ研修会を開催しましたので、そのご報告です。
研修会は、平成26年3月8日(土)に行いました。
参加者は、交通事故被害者のための医療サポートに力を入れている行政書士の先生達で、テーマは、「テロスSEの使い方」です。
テロスSEとは、ストレスレントゲン撮影を効果的に行うための器具のことで、写真の通りです。
wiget_hizastress
この検査は、膝や足首の靱帯損傷や関節面の骨折に伴う動揺関節の程度を明らかにするために役立ちます。
研修会の前半では、参加者同士でこの検査機器を設置・被験してもらい、一通りの操作方法を学んで頂きました。
参加者の中には、すでに病院と連携し、この検査を業務に活かしておられる先生もおられました。
しかし、実際に自ら設置し、あるいは、検査を受ける側にまわることは初めてということもあり、体験した者にしかわからない検査のポイントを理解できたとおっしゃっていました。
その時の様子はこちら↓
s-KIMG0374 s-KIMG0382 s-KIMG0378
(スマホによる撮影なので画質がよくないことをお詫びします。)
このように機器を設置し、レントゲン撮影を行います。
あまり知られていないようですが、足首の検査にも有用です。
研修会ではレントゲン撮影を行うことはできませんでしたが、機器設置のポイントや、検査をうける交通事故被害者がどのようなことに注意する必要があるかなど、体験を通じて感じて頂くことができました。
この経験を是非とも実際の業務に活かして頂ければと思います。
また、研修会の後半は座学に切り替え、業務の流れを実際にあった依頼案件の検証です。

  • テロスSEを活かした異議申立の事例
  • 労災保険と自賠責の併用事例
  • 自賠責保険の最新動向

といったことを時系列にそって学んで頂きました。
——————————————————–
第1回ジコナビ研修会は、初めての試みということで少人数で行いましたが、第2回はもう少し規模を大きくしたいと思います。
詳細未定ながら準備に向けて動いておりますので、発表をお待ち下さい。

700contact

関連記事

カテゴリー