後遺障害診断書はどの先生に書いてもらわなければならないか?

カテゴリー 後遺障害全般に関する知識

事故後の治療で複数の病院を受診している場合、どこの病院で後遺障害診断書を書いてもらうかという問題が出てきます。

順当なのは、初期から継続して主に診察してくださった医師に書いていただくということになるかと思います。

事故以後の初期からの症状の経過や検査結果を踏まえた上で書いていただけますので、内容のある後遺障害診断書が期待できるはずです。

途中から短期間しか診察していない医師は、本人の症状の経過もわかりませんし、そもそも事故由来の症状なのか確信を持てない状況にありますから、気合いが入りにくい状況であると言えます。

認定機関も初期から診察した医師の診察・検査所見を当然重視します。

・・・というのは理想論で、初期から治療に当たってくださった先生が、いざ症状固定の時期になって後遺障害診断書の記載をお願いしたところ、急に態度が硬くなってしまった、というケースは多々報告されています。

悲惨なのは患者さんです。6ヶ月もそれ以上もがんばって信頼して通ったのに、症状はしっかり残っているのに後遺障害診断書は書けないと言われたり、他の病院にいまさらながら振られたり・・・

ですから、患者さんの側も賢く振る舞って、万一後遺障害が残った場合、後遺障害診断書をきちんと書いてくださるかを事故後早い段階から上手に確認しておくことが必要だと考えます。

もし後遺障害には関心がないとか否定的であることがハッキリしたなら、後遺障害の立証に協力的な医師を捜すことが必要になってくるかもしれませんね。

ジコナビはその点でお力になれると考えています。

後遺障害診断書はどの先生に書いてもらう?

答えは、医学的に妥当な所見を偏見なくしっかり後遺障害診断書に反映してくださる先生にお願いする、でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です