Topics

異時共同不法行為

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前書きました難関法律系国家資格をめざしているMさん、頸椎捻挫由来の症状で無事後遺障害が認められました。

彼女の場合、年齢が若いためMRI画像所見も特になく、レントゲンでのストレートネックぐらいでしたし、神経学的検査結果でも特筆すべきものがなかったので、私もMさんも認定の可能性があまり高くないと思っていました。

ただ彼女の場合は約半年の間に2回事故に遭い、同部位(頚部捻挫)を受傷していましたし、2回とも車VS自転車(Mさん)であったことや、1回目の事故の治療中に2回目の事故に遭ったので異時共同不法行為として認定され、結果的に治療期間が通算で1年2ヶ月に及んだことなどが、他覚的所見が乏しい部分をフォローしたのではないかと思います。

そして、彼女も後遺障害診断書の内容に関して、主治医の先生にしっかり書いていただけるようがんばってお願いして適切に追記してもらいましたからそれも成功につながったと思います。

共同不法行為の場合は複数の自賠責が存在することになりますのでそれぞれの自賠責に後遺障害申請を行うことが出来ます。

Mさんの場合も、1回目の事故の自賠責と2回目の事故の自賠責の両方に請求して、両方認められましたのでとりあえずご本人の手元に自賠責2つ分の保険金が入ってきました。
この先は、弁護士が示談交渉を行う方が手にする賠償金が増えるのか、それとも示談交渉を行うことなく、自賠責の保険金で満足した方が最終的に受け取る賠償額が多いのかを検討することになります。

700contact

関連記事

カテゴリー