Topics

交通事故で左肩骨折

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故被害者の左肩の画像

KIMG0916hidarikataxp
※ご本人の特別の許可のもと掲載しています

左 MRI画像 上から見た図
右 レントゲン画像 正面から見た図

概要

MRI画像は、交通事故から2週間後に撮影されたものです。
レントゲンは、交通事故の翌日です。
撮影部位はともに左肩で、
左上腕骨の近位部である大結節とよばれる部分の骨折が確認されます。
MRIでの結果です。
レントゲンでは、骨折は判然としません。

ということは、骨折線はあるものの転位のない骨折ということになりますので、
これを骨挫傷と診断することもありますが、このケースでは左大結節部骨折と診断されました。

1ヶ月ほど三角帯で左腕を固定し、且つ、外力が加えられることのないよう注意して過ごしました。
その後、順調に骨折線は消えていきましたが、骨の中に少し血のかたまりのようなものが残ったことと、多少の痛みが残っていたことから14級(神経症状を残すもの)が認定されました。

この程度の骨折であれば14級9号が妥当と言えるでしょう。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー