Topics

頚椎レントゲンと交通事故の因果関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頚椎(首)レントゲン写真

xp_keitsui
こちらの画像は、交通事故の当日に撮影された、交通事故被害者の首のレントゲン写真です。

この方の場合、骨のそれぞれに変形が認められます。
とくに5番目、6番目の変形がはっきりとしています。

因果関係

しかし、これは年齢的な変化です。
この方のように骨に年齢的な変化がある場合には、因果関係が問題となります。
医師によっては、「これは事故によるものではありません。」とだけ説明します。
因果関係の全面否定です。

一方、別な医師は「これは事故によるものではありませんが、発症は事故によるものかも知れません。」
と因果関係を肯定する説明をします。
骨の変形に事故との関連がないことは前者の医師も後者の医師も同じ考えです。

しかし、「発症」したかどうかに焦点をあてるか否かに違いがあります。

当然、交通事故被害者であれば、後者の医師にかかりたいわけです。

あなたの主治医が前者のように、骨の変形と事故との関連性しか言わないのであれば、因果関係を否定的にとらえている医師である可能性が大です。
そうなると、休業損害や後遺障害等級で思うような補償がうけられない可能性が高まります。

医師の当たり外れは被害者にとって大きな問題です。
当たりでないと、納得いかない示談結果や判決結果になる可能性が高まります。
ご注意を。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー