Topics

頚椎捻挫(むち打ち)でも諦めるな!(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

むち打ちで後遺障害の等級を受けるには


交通事故によって頚椎捻挫(むち打ち)と診断された場合でも,後遺障害等級をあきらめる必要はありません。
完治しないなら,その原因をつきとめ,医学的に証明することで後遺障害の等級認定が可能です。

局部に神経症状を残す場合・・・14級9号。
局部に頑固な神経症状を残す場合・・・12級13号。
せき柱(首~背骨)に変形を残すもの・・・11級7号
せき柱(首~背骨)に著しい変形を残すもの・・・6級5号

後遺障害等級認定のポイント

立証の始まりは,「手足のしびれ・痛み・倦怠感・吐き気・頭痛」といった自覚症状となります。
しかし,自覚症状だけでは等級認定はまず無理です。
症状を客観的に証明しうる検査や治療が必要なのです。
代表的なものはMRIですが,それだけではありません。
椎間板ヘルニアにより固定術をうけた場合,11級7号または6級5号に該当します。

交通事故に遭われた方へ

【当事務所には,このような方が相談にこられます】
・14級→12級の異議申立をしたいのですが,具体的な方法は?
・12級と14級の違いは?
・主治医からは治るの一点張りで後遺障害診断書を書いてくれません。どうすればいいですか?
・ 主治医の書いた後遺障害診断書を見てください。
ジコナビは,交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは,交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは,医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区,城東区,旭区,都島区,門真市,守口市,大東市,東大阪市,四條畷市など大阪市周辺で,交通事故に遭われ,弁護士をお探しの方は,事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー