頚椎捻挫(むち打ち)・外傷性頚部症候群でも諦める必要はありません。

カテゴリー ケガ/部位別・後遺障害等級, 頚椎捻挫(ムチウチ)&腰椎捻挫の後遺障害

検査を十分に受けて結果が出そろえば、後遺障害等級の認定も可能です。

交通事故によって頚椎捻挫(むち打ち)と診断された場合でも,後遺障害等級をあきらめる必要はありません。

完治しないなら,その原因をつきとめ,医学的に証明することで等級認定が可能です。

局部に神経症状を残す場合・・・14級9号。
局部に頑固な神経症状を残す場合・・・12級13号。
せき柱(首~背骨)に変形を残すもの・・・11級7号
せき柱(首~背骨)に著しい変形を残すもの・・・6級5号

【ワンポイントアドバイス】

立証の始まりは,「手足のしびれ・痛み・倦怠感・吐き気・頭痛」といった自覚症状となります。しかし,自覚症状だけでは等級認定はまず無理です。症状を客観的に証明しうる検査や治療が必要なのです。代表的なものはMRIですが,それだけではありません。
椎間板ヘルニアにより固定術をうけた場合,11級7号または6級5号に該当します。

【当事務所には,このような方が相談にこられます】
・14級→12級の異議申立をしたいのですが,具体的な方法は?
・12級と14級の違いは?
・主治医からは治るの一点張りで後遺障害診断書を書いてくれません。どうすればいいですか?
・ 主治医の書いた後遺障害診断書を見てください。

 

mail_kouza590

「頚椎椎間板ヘルニアで希望通り解決する方法編」

無料メール講座事故マイスターメール講座

無料メール講座入力フォーム
無料。1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。

「頚椎椎間板ヘルニア編」の主な内容

  • 失敗する交通事故被害者が多い頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#3 画像所見
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#4 因果関係
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#5 外傷性
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#6
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#7 医師との対話
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#8 転院
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#1
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#2
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#3
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#4
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#5
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#3
  • etc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です