Topics

頚椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板ヘルニアと因果関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

椎間板ヘルニアは,交通事故との因果関係が争点になる

交通事故によって,初期診断で頚椎捻挫(むち打ち)・外傷性頚部症候群,腰椎捻挫と診断された場合,その後の検査によって「椎間板ヘルニア」という病名が追加されることがあります。
ここでは,この椎間板ヘルニアについて説明したいと思います。

注意

たとえ,主治医から「外傷性椎間板ヘルニア」と診断されても,それだけでは安心はできません。

「外傷性」と書かれていても,後遺障害の等級が認定されない事が起こり得ます。
それは,医学界の定説が,椎間板ヘルニアは外傷だけでは起こらないとしているためです。

椎間板ヘルニアと診断されても,通常治療はそれまで通り受けられます。
しかし,症状が残ったとしても,後遺障害等級の認定が受けられるかどうかは分かりません。

「外傷性」椎間板ヘルニアのように,外傷性と診断されるのは,事故をきっかけに神経症状が発現した,という程度の意味に過ぎないのです。
医学的には議論が必要なのでしょうが,交通事故被害者にとって重要なのは等級認定されるかどうかなので,この点を説明します。

結論としては,椎間板ヘルニアという傷病名そのものには決定的な意味はないと捉えるべきです。
病名よりも重要なのは,現実の症状が客観的に説明されているのかどうかがという点なのです。

具体的には,
①神経症状があること,②MRI等の画像上で神経の圧迫が確認されたこと,③神経症状が出ている部位と神経が圧迫されいている部位が医学的に整合することが重要なのであって,病名が何であるかは決定的な意味をもたないのです。

保険会社に対し強気な態度にでる前に,神経症状と画像所見が整合するかを確認するようにしましょう。

後遺障害等級認定のポイント

椎間板ヘルニアをはじめ,頚椎・腰椎の疾患による障害を残した場合, 12級13号または14級9号の認定が考えられます。
これらの認定には,神経症状が,医学的・客観的に証明若しくは説明が可能であるかが重要です。
神経症状は単独の検査で明らかになるものではなく,継続的な診察によって明らかにされていくものです。
そのため,治療先の医師の診察が,神経症状の立証に適切に向けられているかのチェックが大変重要ということになります。

交通事故に遭われた方へ

【当事務所にはこのような方が相談にこられます】
・椎間板ヘルニアと診断されたのに非該当だった。異議申立は可能か?
・医者からは「外傷性」とは書けないと言われて困っている。
・何級に該当しますか?

ジコナビは,事案に合わせて,転院の手配,検査の手配などを行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。
トップページへ戻る

700contact

関連記事

カテゴリー