CRPSタイプ1(RSD),CRPSタイプ2(カウザルギー)を立証する

カテゴリー その他

交通事故によりケガを負い,ケガは完治したものの痛みが継続する場合,RSDやカウザルギーが疑われます。医学界では,呼び名が改められ,両者をあわせて「複合性局所性疼痛症候群(CRPS)」と呼ばれるようになりました。もっとも,呼び名の変更は,主に麻酔科で先行し,整形外科では旧名どおりRSDやカウザルギーと呼ばれているので,CRPS/RSD/カウザルギーの3つを覚えておく必要があるのです。

CRPS/RSD/カウザルギーが認定されると
疼痛の労働に及ぼす影響に応じて ・・・7級4号, 9級10号,12級13号
が認定されます

【ワンポイントアドバイス】

麻酔科(ペインクリニック)にかかりましょう。
CRPS/RSD/カウザルギーの治療や研究は,整形外科よりも麻酔科が主導的におこなっています。そのため,交通事故にあって以来,整形外科に通院する方がほとんどであると思いますが,そのままでは確定診断を得ることは難しいのです。CRPS/RSD/カウザルギーの治療や検査を行っている麻酔科のある病院に,整形外科から紹介状をもらう必要があるのです。なお,麻酔科の一部門としてペインクリニックという科が存在します。こちらの名称でも候補先を探す必要があります。

【当事務所には,このような方が相談に来られます】
・ 靴も履けないほどの強度の痛みが足の小指にあります。RSDかカウザルギーとして等級認定を得られますか?
・ 主治医がRSDと診断しましたが,非該当でした。異議申立するにはどうしたらいいですか?

用語説明

カウザルギー・・・末梢神経の不完全損傷によって生じる強度の疼痛(灼熱痛)
RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)・・・主要な末梢神経の損傷がなくても生じるカウザルギーと同様の疼痛
CRPS(複合性局所性疼痛症候群)・・・タイプ1はRSD,タイプ2はカウザルギーに該当する。現在では,CRPSタイプ1や,タイプ2という呼び名が医学界では主流。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です