交通事故で背骨を骨折、というと恐ろしい印象をうけますが,神経に障害がなければ歩けなくなるなどの障害を残すことはありません。

しかし,支障がなくても,後遺障害等級表には,背骨の骨折についての記載があります。

変形障害

せき柱(首~背骨)に著しい変形を残すもの・・・6級5号
せき柱(首~背骨)に中程度の変形を残すもの・・・準用8級
せき柱(首~背骨)に変形を残すもの・・・11級7号

運動障害

せき柱(首~背骨)に著しい運動障害を残すもの・・・6級5号
せき柱(首~背骨)に運動障害を残すもの・・・8級2号
せき柱の頚部と胸腰部にそれぞれ障害がある場合
頚部と胸腰部がそれぞれ11級7号に該当する場合・・・準用10級
頚部と胸腰部にそれぞれ運動障害を残す場合・・・準用7級

【ワンポイントアドバイス】

該当する等級の中で,最も重い等級が,優先的に認定されます。
また,頚椎(首の骨)と,胸腰椎(胸および腰の骨)が別な部位として扱われる点も注意が必要です。それぞれについて,立証作業を必要となります。

【当事務所には,このような方が相談に来られます】
・主治医は後遺症というけれど,保険会社は後遺障害等級がつかないかも知れないというのですが,どちらが正しいですか?
・ 主治医からは通院が必要ないと言われましたが,通院を止めたら後遺障害等級の認定が受けられなくなりますか?
・2椎体以上を骨折しました。6級5号に認定されますか?

用語解説

椎体・・・背骨の一つ一つの骨の前部にある円柱型で,上下端は平らな面をつくる部分のこと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です