醜状障害(きずあと)

カテゴリー その他

交通事故で醜状障害(きずあと)を残すことになった場合

外貌または上下肢に醜状痕を残すものとして,後遺障害等級の認定が受けられる場合があります。

女性の外貌に醜状を残す場合・・・7級12号または12級14号
男性の外貌に醜状を遺す場合・・・12級13号または14級10号
上肢の露出面に醜状を遺す場合・・・14級4号
下肢の露出面に醜状を遺す場合・・・14級5号
露出面以外に醜状を遺す場合・・・準用12級または準用14級

【ワンポイントアドバイス】

女性が有利に扱われる唯一の後遺障害です。また,認定機関による直接の面接がある点でも唯一の後遺障害です。面談対策は決しておろそかにしてはなりません。

【当事務所にはこのような方が相談に来られます】
・眉毛に沿って縫合創痕が5cm残っていますが,後遺障害等級に該当しますか?
・顔面神経麻痺による「口のゆがみ」は後遺障害等級に該当しますか?
・耳介の欠損は何級に該当しますか?
・大腿部を開放性骨折によってきず跡をのこした場合の等級は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です