【警察官取調編】  交通事故では警察官に安心していいの?

カテゴリー その他

人身事故では、警察官は「ひき逃げ事件」に関しては、被害者が死亡した場合やテレビや雑誌で話題 
になった事故などは徹底した捜査と必死になって犯人を捜します。 
しかし、これ以外の場合は同じように捜査・取調べをやっているのでしょうか?

以前、私の知人で、車を運転していて、後ろから大型のワンBOXに衝突されました。

事故の衝撃で、とっさに相手のナンバーが見れなかったそうです。 
本人はムチウチになり、その車はそのまま逃げたらしいのです。 
で、警察署に行ったのですが、何一つ捜査をしてくれなかったらしいです。 
つまり、事故処理はしてくれるのですが、事件捜査はしてくれないのです。 
その背景には、交通警察が忙しいと言う、大きな問題があるのです。 
世間では、交通警察の仕事の60%は、スピード違反や駐車違反の取締りになると言われてます。 
この反則金は自分達が公務員として所属している、都道府県の収入になるので、一生懸命がんばるのです。 
一方、交通事故の捜査・取調べはお金にはならないし、手間もかかるので手抜きになるのです。 
それに、交通事故の大半は不起訴処分になるし、警察内部でも、交通課は刑事科より冷遇され評価が低い
立場にもあるみたいです。なので現場の警察官の士気も上がりません。 
警察官が一生懸命にならないと、被害者は不利益につながる場合があるのです。 
そして、事故の目撃者は関わりたくないのか、証言をしてくれる人は少ないというのが現状です。 
また、「交通事故でケガをしているのに、物損事故として処理をしたがったり、加害者の処罰を希望しているのに 
処罰を希望しないを強要したり誘導したり」する場合もあるのです。

もともと、警察が事故の状況を聞くのは、加害者中心になる場合が多く、その話をもとに進めて行けば、事故処理も早く終わります。なので、警察官にとって、自分の仕事が楽な方を選択する事があるのです。

話は戻りますが、その知り合いは、私の所へ相談に来られました。

警察官が犯人探しをしてくれないと言ってきたのですが、私は気持ちを切り替えるように説明しました。 
ここで警察官相手に手間暇をかけるより、きっちり病気の治療に専念し、仕事を休んだ分の給料の請求、 
そして慰謝料の請求をするように説明したのです。

本人は、加害者が逃げてしまったからどうしようもないと言ってたのですが、政府補償事業の説明をして 
あげました。政府補償事業とは、加害者を特定できないひき逃げの場合や加害者車輌が無保険者の場合には自賠責保険とほぼ同じだけの補償が受けられると言うものです。

損害保険会社なら、どこの窓口でも、政府保証事業に対する請求が出来るのです。

そして、その知人は、治療費や休業損害、そして慰謝料を請求し、非常に満足しておられました。

 

 

尚、当事務所は行政書士事務所であるため、この分野についての相談はお受けできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です