【警察官取調編】 「被害者供述調書」は後々、裁判まで影響を及ぼす重要書類です。

カテゴリー その他

※ 被害者供述調書作成にあたっての注意点

被害者は自分が悪くないのだから、悪いようにはならないだろうと思って、適当に警察官に話をしては
絶対にダメです。
警察のいい加減な聞き方やつじつま合わせの誘導尋問的な聞き方をしてくる場合があるので注意してください。
警察の取調べの結果は、加害者がどのような罰になるのか、そして加害者と被害者の過失割合決定の重要なポイントとなり、
被害者にとっての損害賠償額に大きく影響を及ぼします。
加害者は、「業務上過失致死傷」という罪を犯したのだから、加害者は相応の罰を受けるのは当然の事だと思います。
加害者に対して同情や遠慮は必要ないです。一時の感情で同情しても、もし自分が受けた傷害が短期間の間に完治に
至らなければ、また気持ちが変わってくるものです。

※ 被害者供述調書を作成するにあたって、取調べの警官に示されている「一般的留意事項」は次の点になります。

  • 被疑者(加害者)の過失の有無、軽重を立証する証拠を得るとともに情状資料を収集することが目的であるから
    この点を重点に供述調書を作成すること。
  • 被害者が経験した事実に基づく供述を記載し、単なる憶測、想像、事実に基づかない意見は記載しないこと。
  • 被害者が誇大に訴えているか否か慎重に供述の内容を吟味し、他の証拠と矛盾しないか供述調書を作成すること。

※ 被害者供述調書を作成にあたり注意するポイントを心得ておいてください。

① 真実を述べること。

真実を堂々と主張してください。覚えてない事やわからない事があれば、はっきりそう言ってください。
もし、相手がウソの供述をしてきても、それに対抗するには、あなたの主張が大切になってきます。
そして、取調官が納得してくれるまではっきり話をしてください。

② 落ち着いて冷静に対応してください。

興奮して取調べの警察官に噛み付いたりしないでください。
その行為が逆に自分の真実の主張を信じてもらえなくなってしまったという事になってはいけません。
警察官に対して下手に出る必要はないですが、気分を害するようなことは絶対にしないでください。
意地悪する警察官もいるかもしれないからです。

③ 被害者に有利な証拠品や写真などがあれば、求められなくても提出してください。

被害者聴取のときまでに手に入れたり、写したり、被害者に有利な証拠品や事故現場および
近辺の写真などを提示して、被害者の言い分が正しいことを補強してください。

④「最後に加害者の処罰で言いたいことは?」

最後に取調官が、加害者の処罰で言いたいことは?と聞いてきます。
一般的には、「穏便に済ませてください」と答える被害者が多いようだが、
後々後悔しないように、じっくり考えて答えてください。

※ 取調官が被害者の話したとおりに書いているとは限らないので要注意!!

言っていないことが書かれたり、被害者に取って重要な事が書かれてなかったり、
する場合があるのです。
供述調書と言うのは、被害者が経験した事実に基づく供述を記載する為のものなのです。
また、取調官が組み立てている事件のストーリーに沿って、それに合わせるような
微妙な言い回しで記述されることもあります。
供述調書は、まず加害者から調書を取り、次に被害者となります。
なので、加害者の調書と被害者の調書の内容に大きく食い違いがあると、再捜査になるのです。
警察官からすれば、再捜査になるのは面倒なので、最初に聞いた加害者のストーリー通りに
事を進めて終わらせれば、非常に楽になるのです。
なので、「こうだったのではないのですか?」と聞かれて、「そうだったかもしれません」
とか曖昧な返事は絶対にしないでください。
それがそのまま書かれて、後々不利益をこうむる場合があるのです。
もし、悪い警察官がいれば、取調官を替えてもらったり、そこの警察の警察署長に電話でも
手紙でも出して、抗議しましょう。

※ 署名・押印は慎重すぎるほど慎重に!

被害者供述調書の記入が終わると、もう一度、取調官が読み返してくれます。
もしくは、被害者に調書を読ませます。
出来上がった、被害者供述調書に誤りや不足がなければ署名して拇印を押します。
供述調書は、供述人が署名して拇印を押した地点で初めて効力が発生します。

※ 内容に納得がいかなかったり、取調官が訂正の申し立てに応じない時は、絶対に署名・押印は してはなりません。

それから、「後から訂正をしておきます」と言われても真に受けないでください。
その場でちゃんと、訂正してもらってください。
そして、最後の文章の終わりから、署名と押印の間に空白を作らないでください。
そこの空白に、取調官が後から何か内容が付け加える場合があります。
一旦、署名・押印をしてしまうと、後から、その内容は違うとか無理に供述させられたとか言って
も非常に困難な状態になりますので、冷静に何度も見直してください。

2年くらい前になるのですが、メールでこういう相談を受けた事があります。

「警察官は、私にとって重大な事なのに、その内容を書いてくれませんでした。
私はウソをついてる訳でもないのに、何度も何度もその事を言いましたが、警察官は「調査中だから書けない」と言ってきたのです。
つまりは、この内容は書けても、この内容は書けないと言う事になります。
それでは、なんの為の供述調書かわかりません。私は納得がいかず、署名・押印はしませんでした。
でも、被害者にとって供述調書は大事な意味を持つので、どうしたらいいかわからない。」
と相談を受けました。

私は、「そこの警察署長にお手紙を出して、その旨を伝えてみてはどうですか?」と説明させて頂きました。
で、すぐにお手紙を書き、後日、別の警察官により被害者供述調書を作成してもらい、無事、署名・押印に至ったそうです。
本人は、さすがにほっとしてたみたいです。

 

 

尚、当事務所は行政書士事務所であるため、この分野についての相談はお受けできません。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談と併せて、あるいは、その前にご利用下さい。

mail_kouza590

警察対応は過失割合を視野に入れて!「過失割合」編

mail_kouza590-2

無料メール講座入力フォーム
無料。1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。

 

「過失割合」編の主な内容

  • 過失割合解決編#1 だれが決める?
  • 過失割合解決編#2 どのように決まる?
  • 過失割合解決編#3 タイミング
  • 過失割合解決編#4 追突された場合
  • 過失割合の典型的な例#1 理由のない急ブレーキ
  • 過失割合の典型的な例#2 転回中
  • 過失割合の典型的な例#3 センターオーバー
  • 過失割合の典型的な例#4 駐停車車両に追突
  • 過失割合の典型的な例#5 渋滞中
  • 過失割合の典型的な例#6 ドア開放
  • 過失割合の典型的な例#7 横臥者(路上で寝ている場合)
  • 過失割合の典型的な例#8 後退車
  • 過失割合の典型的な例#9 横断自転車と車
  • 自賠責保険と過失割合
  • 過失割合を無難に乗り切った次は?#1
  • 過失割合を無難に乗り切った次は?#2
  • 過失割合を無難に乗り切った次は?#3
  • etc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です