Topics

【警察官取調編】 死人に口無しを絶対に許すな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加害者有利な事故処理を絶対に許すな!

被害者が亡くなったり、重症のままで事故状況を話すことが出来ない場合、あるいは幼児などで供述ができない場合などは、警察は供述調書が取れないことがあります。 

そのような場合、目撃者や車の同乗者、保護者などの参考人の供述調書がすごく重要になってきますが、やはり被害者の供述調書がないのは、加害者が有利で被害者が不利になることが多い気がします。 

目撃者の証言や物的証拠で事故の真実が突き止める事ができ、被害者側の納得の行く結論がでれば 良いのですが、なかなかそううまく行かないのが現状だからです。 

警察は、被害者の話を直接聞くことが出来ないので、加害者の話を中心に調書等を作成するしかなく、そのような記録が検察庁に送られることから、加害者にきちんとした処罰を望むのは困難なことが多々あります。 

また、警察が作成した記録が、後々、損害賠償の金額などにも影響してくることも多いことを考慮すると見過ごすわけにはいきません。 

被害者の遺族は、真実を知りたいのです。

交通事故に遭われた方へ

交通事故の被害者は、警察の対応、保険会社の対応、場合によっては加害者の対応など様々な対応を強いられ、間違った対応をすると後々自分が不利になることも少なくありません。

ジコナビは、交通事故無料法律相談を行っております。
ジコナビは、死亡事故も扱っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポート致します。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー