Topics

交通事故の 物損処理で妥協

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過失割合で安易に妥協しないことが大切です

物損に関しては早期に妥協する人が少なくありません。
決断をせまられる時期が早いだけに,十分な情報を得ることなく保険会社に任せてしまう方が多いようです。
特に物損に関しては損害額が少額なことが多いことから,この程度なら良いかと思って妥協してしまうのでしょう。

しかし,怪我をしており,かつ,過失割合が争いになっている場合は注意が必要です。

例えば,物的損害額が50万円である場合,過失割合で10%妥協したとしても,受け取る額は5万円しか変わりません。
5万円で争うぐらいなら多少妥協しても早く解決したいというお気持ちは良くわかります。

しかし,妥協した過失割合が慰謝料等に影響してくる場合も少なくありません。
慰謝料は,後遺障害が認められた場合,数百万円になることが通常ですので,10%の妥協は,数十万円の妥協ということになります。
また,自らの過失に応じた治療費等が自己負担となることがありますので,保険会社が治療費を全額支払っていた場合には,妥協した10%分の治療費が,受け取る慰謝料等から引かれることになります。
すると,実際に受け取る賠償金はさらに少なくなります。

5万円ぐらいならと安易に妥協したことが,最終的には数十万円妥協することになる可能性があることを頭に入れ,それでも良いとお考えの場合のみ妥協するようにして下さい。

保険会社は,あくまでも相手方であり,被害者の味方ではありませんので,何か疑問に感じることがあれば弁護士に相談することをお勧めします。
物損で額が少ないからなどと遠慮する必要はありませんので,必ず専門家にアドバイスを求めて下さい。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは,交通事故無料法律相談を行っております。
交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは,医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポート致します。
大阪市鶴見区,城東区,旭区,都島区,門真市,守口市,大東市,東大阪市,四條畷市など大阪周辺で,交通事故に遭われ,弁護士をお探しの方は,事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー