Topics

大阪で交通事故に強い弁護士

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故に強い弁護士

弁護士は、交渉・訴訟の専門家ですので、慰謝料、休業損害、過失割合の交渉・訴訟などは、どの弁護士に依頼しても問題なくこなすことが出来ます。
特に交通事故の場合、弁護士が介入することによって、慰謝料は弁護士基準で計算されることから、おそらく、どの弁護士に依頼しても被害者自身が保険会社と交渉するより示談金の額は増額すると思います。
そういう意味では交通事故は弁護士にとっては簡単な分野なのかもしれません。
近年、弁護士がこぞって交通事故分野に参入しているのは、そのような理由からなのでしょうか。
しかしながら、交通事故で適切な慰謝料を受け取るためには医学的な知識や医師の協力が必要不可欠です。

賠償金増額のポイントは後遺障害(後遺症)

しかしながら、交通事故の賠償金の額を左右するのは、後遺障害(後遺症)が認定されるか否かであると言っても過言ではありません。
仮に、一番低い後遺障害等級である14級9号が認定された場合、賠償金の額が150万円程度増額するのが一般的で、より高い後遺障害等級が認定された場合には、賠償金の額が数千万円増額することも少なくありません。
したがって、適正な賠償金を得るためには適正な後遺障害等級の認定を受ける必要があります。
ところが、適正な後遺障害等級の認定を受けることが困難であるのが現状で、適正な後遺障害等級を受けることが出来なかったばかりにトラブルになることが少なくありません。
その理由は、医師が協力してくれなかったり、医師や弁護士の知識不足から生じていることが大半であるように思います。
また、後遺障害の申請は、治療が一区切りついた段階でなされることから、治療方法が不適切である、行っておくべき検査が実施されていない場合には、挽回が困難であることも大きな要因であるように思います。
そこで、交通事故被害者は、後遺障害の申請の時点で手遅れになってしまっているといった事態に陥らないよう、適切な病院で、適切な治療と検査を受けることが必要不可欠ですし、弁護士を探す際には、後遺障害の認定を見据えたアドバイスをしてくれる弁護士を探すことが重要なのです。

弁護士選びは慎重に

あなたが、
・大きな事故に遭ったので、先行きが不安である
・病院の先生が冷たい
・交通事故の治療に詳しい医師を探している
・医師の治療に疑問を感じている
・治療費を打ち切られたので困っている
・後遺障害の申請に備えたい
・後遺障害の等級認定に不満がある
という理由で、弁護士を探されている場合は特に注意が必要です。
なぜなら、あなたの要望を叶えるためには医学的な知識や医師の協力が必要不可欠だからです。
しかし、大半の弁護士は、医師と同程度の医学的な知識を有していません。
また、交通事故に強いと宣伝している弁護士ですら医師と太いパイプを持っている弁護士は多くありません。

したがって、大半の弁護士は、医師が行った治療や検査結果を前提に後遺障害の申請や交渉をしなければならないのです。
しかし、医師の診断が必ずしも正しいとは限りませんし、適切な検査が実施されているとも限りません。
また、大半の医師は、交通事故の賠償についての知識を有していないばかりか、感心すら持っていません。
実際、医師の対応が不適切であることから、辛い思いをしている交通事故被害者が多く存在します。

そこで、交通事故の治療に詳しい協力医の力を借りることが必要となるのです。
具体的には、
・後遺障害の等級認定対する異議申立に新たな検査の実施をお願いする
・訴訟になれば、保険会社の代理人は、協力医の意見書を提出してきますので、それに反論するために、医師に意見書を書いて貰う。

多くの弁護士が、後遺障害の等級認定に対する異議申立や等級認定を争う訴訟をやりたがらないのは、面倒であるというのも一つの理由かもしれませんが、協力医の見つけることが困難であるという理由が大きいのではないでしょうか。

交通事故に強いという際の「強い」が何を意味するかは依頼者のニーズによって様々だと思います。
しかし、特に、後遺障害の申請に備えた治療をお考えの方、後遺障害の等級に不満をお持ちの方は弁護士選びを慎重に行って下さい。

なお、ジコナビは、後遺障害の等級認定に対する異議申立や等級認定を争う訴訟も行いますが、不満な等級認定がなされないように治療・検査を行った上で初回の申請を行うことが最も重要であると考えております。

交通事故から時間が経っていない方は、以下のような経過を辿らないように注意して下さい。

交通事故被害者に良くある失敗例

交通事故直後に弁護士の所に相談に行ったところ、今の段階で弁護士がすべきことはないので、「後遺障害の等級認定がされてからまた来て下さい」と言われた。

後遺障害の等級認定は簡単なんだと思って何の対策もせずに治療を継続した。

半年以上経っても、やはり痛みが残っていることから、後遺障害の等級申請を行った。

簡単と思っていたのに「非該当」と判断された、又は、納得しがたい等級が認定された。

後遺障害の等級認定に納得できないことから、弁護士の所に相談に行った。

「異議申立は難しい。」「医師がそう診断したのなら仕方ない。」「訴訟になっても勝てない。」などと言われた。

どうしても納得できないので、ネットで「交通事故に強い弁護士」と検索して弁護士を探す日が続いている。

交通事故において重要なこと

弁護士は、事実に法律を適用して妥当な結果を導き出すのが主な仕事です。
重要なことは、交通事故においては、大半の事実を作っているのは、交通事故の被害者自身であり、被害者を診察する医師であるということです。
示談交渉の時点に至ってから弁護士が出来ることは限られていますので、くれぐれも後悔しないように治療を行って下さい。

このような方は一度ご連絡を

・交通事故に遭ったが、どのような治療・検査を受ければ良いか分からない
・病院の先生が冷たい
・病院から退院するように言われたが、どこでリハビリを行えば良いか分からない
・大きな事故だったので後遺障害の申請に備えたい
・後遺障害の等級に納得いかない
・保険会社から提示された示談金に納得できない
・弁護士に依頼しているが、弁護士の言っていることが分からない
・弁護士に検査を受けるように指示されてるが、どうすれば良いか分からないなど

ジコナビのサービス

ジコナビでは、医師と弁護士が連携を図りながら交通事故の解決を目指します。
治療を継続したが、後遺症が残った場合には適切な検査を実施し、適切な後遺障害等級の獲得を目指します。
高次脳機能障害の立証に必要な検査の手配、靭帯断裂・靭帯損傷の立証に必要なストレスレントゲン撮影の手配、腓骨神経麻痺の立証に必要な筋電図検査の手配など適正な後遺障害等級を獲得するために必要な検査の手配は、医師と弁護士が連携しているからこそ提供出来るサービスです。

大阪で交通事故に強い弁護士をお探しの方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪で交通事故に強い弁護士、後遺障害に強い弁護士をお探しの方は、交通事故後早期に大阪鶴見法律事務所・ジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー