慰謝料という言葉の意味

カテゴリー その他

交通事故慰謝料には、傷害慰謝料と後遺障害慰謝料があります。

入通院慰謝料とは、被害(怪我)をこうむったせいで行きたいくもない病院に行かされたことに対する補償です。計算基準に基づいて計算されます。
後遺障害慰謝料とは、その名の通り後遺症に対する慰謝料です。後遺症を背負わされたことに対する賠償金です。

さて、ここからが重要です。

慰謝料は示談金の一部ですが、純粋に手元に残る賠償金の中で非常に大きなウェイトを占めます。 特に大きなウェイトを占めるのは、後遺障害慰謝料です。 この慰謝料は、大雑把に言えば、認定された等級によって自動的に決まります。 そして、後遺症のもう一つの大きな補償である逸失利益と合わせると、手元に残る補償の9割~半分を占めるといっても過言ではありません。

後遺障害の等級が何級になるかによって、交通事故慰謝料などの示談金はガラっと様変わりします。そして、その後遺障害等級は医師によって書かれる後遺障害診断書によって決まることから、交通事故解決では医師選びが大変重要となるわけです。 交通事故解決の近道は、よい医師にかかること、これに尽きます。ジコナビでは、病院紹介を行い、後遺障害等級の認定サポートすることを専門に行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です