後遺障害等級の認定に、協力に役立つサポート!(高次脳機能障害)

カテゴリー その他

後遺障害等級の申請と異議申立のために

後遺障害等級の認定のために

後遺障害等級の申請や異議申立を成功させるには、検査による立証が不可欠です。

ご依頼に基づき「専門医による診察と検査」をご提供し、後遺障害等級の申請や異議申立をサポートします。

 

後遺障害等級の申請や異議申立を成功させるには、検査による立証が不可欠

後遺障害等級の認定を成功させるためには、検査による立証が不可欠です。立証せざるもの後遺障害にあらず、です。理由は、後遺障害等級の審査が、「書類審査」によって行われるからです。実際に状態を見せることができれば一目瞭然の事実も、書類審査なので、書類に書かれていなければ認定機関に伝わらないのです。認定機関は客観的な証拠しか見てくれません。主治医が親身な人で、後遺障害診断書にあれこれ書いてくれたとしても、それが客観的な検査結果によって裏付けられていなければ無視されるのです。後遺障害等級の認定を受けるためには、客観的な検査による立証が不可欠です。

後遺障害等級の審査は書類審査

 

検査による立証を徹底的にサポート

交通事故による高次脳機能障害を立証するための検査を徹底的にサポートします。

診察に同席します

しっかりと検査をしてくれる高次脳機能障害の専門医をご紹介します。そして、診察には代表行政書士前田修児が同行します。

言いたいことの半分も言えない、ということをなくします。

立証のために不可欠な検査が実施されるよう手配します。

 

 
後遺障害等級の申請はジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)にて

ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)にて、申請書類の作成を代行します。

病院にお連れした後は、手続面のサポートに入ります。

安心してお任せ下さい。

相談してよかった

安心ダイヤル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です