Topics

頚椎MRI 交通事故の転院の難しさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頚椎MRIの画像

mri_milsbulging2 mri_milsbulging3 mri_milsbulging4 mri_milsbulging

※ご本人より特別に許可をいただき掲載しています。

——————————————-

上記画像は頚椎MRIです。

整形外科専門医および画像診断専門医(読影専門医)によって、頚椎椎間板ヘルニアと診断されました。
左優位な椎間板ヘルニアです。
被害者の左上肢には、この画像と合致した神経症状も現れていました。
この状態を「レベル診断が合致している」といい、損害賠償請求の上では大変重要なポイントとなります。

椎間板ヘルニアは因果関係が問題となる

椎間板ヘルニアの場合、事故との因果関係が問題になるということは何度もこのサイトで触れています。
ジコナビではそれに対する解決策を持っているということにも触れました。
この方の場合もやはり問題となりました。

交通事故ならではの転院の難しさとその原因

風邪などで病院にかかる場合と、交通事故での場合とでは、転院の難しさに差が生まれます。
結論を言えば、交通事故での転院の方が難しいのです。

その理由は「因果関係が問われるか否か」にあります。
風邪などの場合は因果関係が問われることはありません。
診察の時点で風邪の状態であるかどうかさえ分かればよく、その原因を掘り下げる必要はあまりありません。

一方、交通事故の場合、ケガと交通事故との関連性が問われます。
保険会社はそこを追究してきますし、医師もその覚悟をもって治療にあたります。
医師も因果関係を意識せざるを得ません。
法的な表現で言うと、交通事故の場合は症状と事故との間に「相当因果関係」が必要となります。

因果関係が問われるので交通事故の転院は難しい

因果関係が問われるので交通事故の転院は難しくなります。

ジコナビでは、医師との連携を活かしてこの課題にも取り組んでいます。
医学的に妥当な方法で因果関係を肯定できるよう取り組んでいます。
全てのケースで完全な解決ができるわけではありませんが、ジコナビならではの医師との連携と医療サポートによって因果関係の肯定に成功したことが多数あります。

もし、交通事故で転院を検討しているのであれば、早めにジコナビまでお問い合わせ下さい。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー