交通事故被害者の立場に立つと

カテゴリー サービス/料金

遠慮がちでも大丈夫!損はしません

つい遠慮してしまい、言いたいことが言えなかった、という経験はどなたもお持ちだと思います。

そんな時は、言いたいことをズバズバと言える人が羨ましく見えるものですが、交通事故の示談交渉においては、決して、雄弁な人やねばり強く交渉できる人だけが満足な解決を迎えているわけではありません。むしろ、そういう人たちは、肝心なところで失敗し、大きな損をしていることがあります。しかも、その失敗に気づいていないこともあります。

交通事故被害者は控えめくらいがちょうどいい

それで良いと思います。

物言わぬ交通事故被害者は、一見、損ばかりすると思うかも知れませんが、決してそんなことはありません。

むしろ、謙虚な姿勢がよい結果をもたらすことの方が多いくらいです。

私(ジコナビ代表前田修児)もかつて、自分自身の交通事故経験の中で物言う被害者を目指した時期がありましたが、結局、間違いであることに気づきました。物言う被害者は保険会社の反発を自ら大きくし、示談までの煩わしさを大きくするだけです。自らストレスを大きくしています。その結果、肝心なポイントを見逃す傾向があります。

冷静に肝心なポイントさえ押さえておけば大丈夫!

言葉数は少なく、しかし、冷静に肝心なポイントを抑えておくことが理想的な解決の秘訣です。それを実現できるのは、物言う被害者より、控えめな被害者です。

肝心なポイントとは?

交通事故に遭うと一番長く関わることになるのが病院・医師との関係です。

そこでの出来事が、後々の示談交渉に影響します。

医師の当たりはずれがその最たるものです。

医師も人間、色々な人がいて、交通事故被害者に冷たい医師も存在します。

その他、客観性の高い診断の有無、保険会社の影響を受けやすい医師か否か、といったことも影響します。

大事なことは、病院との関わり方に集約されます。

保険会社に強く主張しても、あまり期待するような効果は得られません。

病院紹介を含む、強力な交通事故被害者サポート

当事務所のサポートは、病院紹介を含むことが特徴です。

信頼出来る病院紹介を通じて、客観性の高い診断結果を得ていただきます。

この特徴は、後遺障害診断書や異議申立に威力を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です