Topics

ダメな診断書(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このような診断書は要注意

ダメな診断書

交通事故直後の診断書です。
既往症がある旨を記載がされると交通事故との因果関係が否定される可能性が高まります。
特に腰椎ヘルニアの場合、交通事故との因果関係が争われることが多いですので既往症の記載は致命傷になります。
診断書の作成には、十分に注意して欲しいところです。

また、医師が、整骨院への通院を認めないことが往々にしてあります。
そのような医師は、最初の診察で整骨院への通院を認めない旨を診断書に記載します。
それなら、最後までリハビリを含めて面倒をみてくれるのだろうと誰もが思うかもしれません。
しかし、この診断書を作成した医師は、後遺障害診断書の作成すら拒否しました。

整骨院が医師と同様に利益を上げるのは許さないが、医師としての責任は負いたくないといことの現れでしょうか。
交通事故の被害者が、このような医師にかかるのだけは避けたいものです。

診断書をどうやって見る

とはいえ、自分の診断書に医師がどのような記載をしているかを知ることは容易ではありません。
通常、診断書は、医師から保険会社に提出されます。
そして、診断書等をもとに、保険会社から医師に治療費が支払われます。

したがって、保険会社は、交通事故被害者の診断書にどのような記載がなされているかを知っています。
その一方で、交通事故被害者は何も知らないということが往々にして起こるのです。

交通事故被害者が、診断書入手する方法としては保険会社を通じて行う方法が最も簡単です。
もっとも、入手したところで既に記載された不利な診断を削除することは不可能です。

交通事故の被害者は、医師選びにくれぐれも気を付けて下さい。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。
トップページへ戻る

700contact

関連記事

カテゴリー