交通事故の慰謝料とは (高次脳機能障害)

カテゴリー その他

交通事故の慰謝料は示談金や賠償金の一種です。

加害者の加害行為によって受けた被害者の精神的ダメージに対して支払われます。

支払う責任は加害者にありますが、実際には加害者の任意保険が肩代わりし支払います。

「慰謝料=示談金」ではありません

慰謝料は示談金のほんの一部です。全体ではありません。

示談金は、治療費・休業損害・通院交通費・入通院慰謝料・後遺障害逸失利益・後遺障害慰謝料、・・・からなり、
慰謝料はその一部分です。

「慰謝料は少しでも多い方がいい。」というのは分かりますが、それを言うなら「示談金は少しでも多い方がいい。」です。

慰謝料には相場があるため示談交渉を頑張れば金額が上がるというものではありません。

決められた相場の範囲内で交渉するだけのことです。

「談金を多くしたい。」と思うなら、「後遺障害等級の認定を重視しなくてはなりません。」

示談金の額を押し上げるのは交渉力でも法律知識でもありません。

重要なのは後遺障害等級の認定です。

後遺障害等級が一つ上がるだけで後遺障害慰謝料は数百万円単位で上がります。

同時に、後遺障害逸失利益も同じくらい上がります。

示談の大枠が決まってしまう瞬間

後遺障害等級の認定は油断するとあっという間に過ぎるかも知れません。

しかし、その瞬間に示談金の大枠が決まってしまうので注意が必要です。

慰謝料をはじめとした示談金に最も大きな影響を与える瞬間を大切にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です