事故当時/現在の状況 (高次脳機能障害)

カテゴリー その他

事故当時

  • 意識がもうろうとしていた。意識がなかった。
  • 意味不明なことを言っていた。目の焦点が合っていなかった。

現在、

  • 記憶がわるくなった。
  • 意欲がわかなくなった。
  • 直ぐに疲れるようになった。休みの日は一日寝ている。いくら寝ても寝たりない。
  • 怒りっぽくなった。子どもっぽくなった。
  • 話しづらそうになった。 その他、見た目は普通なのに、以前とは変わった。

あなたにも該当するものがあれば以下の関連記事をお読みください。

解決に一歩踏み出す!「無料メール講座」のご案内

お問い合せやご相談と併せて、あるいは、その前にご利用下さい。

mail_kouza590

「高次脳機能障害で上位等級!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「高次脳機能障害で上位等級!」編の主な内容

  • 相変わらず見落とされ易いのはなぜ?
  • 認定されればいきなり上位等級になる障害
  • 高次脳機能障害って何?
  • 記憶力や意思疎通能力の低下があったら高次脳機能障害を疑うべき
  • 問題解決能力の低下というような症状もある
  • 集中力や持久力の低下?
  • 性格の変化も?
  • 高次脳機能障害が認定されるための基本的な条件は?
  • 事故による脳の損傷がスタートライン?
  • 画像所見の裏付けが重要
  • 意識レベルの低下が継続したか?
  • 脳の高次の機能がどの程度損なわれているかを評価する
  • 知能検査(神経心理学的検査)
  • 言語機能検査
  • 記憶検査
  • 遂行機能検査
  • 人格特性検査
  • etc.

完全無料! 使える知識をお届けします。

無料メール講座入力フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です