Topics

後遺障害の等級認定には適切な検査が必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進め方を誤ると十分な検査が受けられなくなります

脳血流検査(スペクト検査)の結果画面

病院・医師選びを間違えないこと。そうすれば十分な検査を受けられます

検査が受けられるか否かは、主治医の当たり外れによるところが大です。
たとえば、どこの大学病院でも一通りの検査設備はあるはずですが、担当する医師によってはどこまでの検査が実施可能であるかや、院内の検査手配の方法を把握していない先生もいます。
残念なことですが、そのような医師が主治医であった場合、十分な検査が受けにくくなります。

ご依頼下されば、そのような心配はなくなります

病院・医師選びを間違わなければ適切な後遺障害診断書が作成され、十分な補償へとつなげることが可能です。
ご依頼くだされば、信頼できる専門医をご紹介します。

身体にとってもよいことです

早い段階で専門医にかかり検査を受けておくことは、リハビリの内容やタイミングを間違わないためにも重要なことです。
検査によって原因が判明し、リハビリの内容やタイミングが明確になります。
医師の当たり外れによって、補償だけでなく、回復にも不公平が生じます。

当事務所の方針

ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
後遺障害の等級認定に必要な検査についても必要に応じて医師にオーダー致します。
また事故後から、弁護士に相談することによって、保険会社との面倒な交渉からも解放されます。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー