Topics

高次脳機能障害の方は早めの検査を(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早期の対策が等級認定をスムーズに

脳の右側(CTでは左右反対に写るので左側)が腫れ上がってしまいました

後遺障害の等級認定のために、検査を早めに検査を行うことで、理想的な解決可能の可能性が高まります。
後遺障害の等級認定に必要な検査項目は多岐にわたります。
特に、高次脳機能障害の場合には検査が多く、ひとつひとつこなしていくのに時間を要します。
症状固定が近づいてからでは、十分な検査が受けられません。

可能な検査から早めに受けていくことが重要です。

検査によっては、交通事故後1年以上経過しなければ無意味な検査もあります。
一方で、交通事故後3ヶ月経過すれば大丈夫な検査もあります。

出来る検査から済ませていけば、落ち着いた気持ちで症状固定を迎えることが出来ます。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、適正な順序で検査を手配します。
ジコナビは、理想的な後遺障害診断書に向けた検査手配や病院紹介を行っておりまます。
ジコナビに依頼することにより、負担の少ない理想的な解決の可能性が高まります。

交通事故で高次脳機能障害の可能性がある場合、後遺障害の等級申請には特別な検査を受ける必要があります。
ジコナビは、国立大学病院で高次脳機能障害を専門的に研究している医師を紹介し、そこで診察・検査を受けて頂き、その結果をもとに後遺障害の等級申請を行っております。

ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪で交通事故に遭われた方は、高次脳機能障害に限らず、交通事故後早期にジコナビにご相談下さい。

700contact

関連記事

カテゴリー