Topics

むち打ちで併合10級(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

むち打ちで併合10級が認定

交通事故の直後に「むち打ち(頚椎捻挫)」と診断され、その後、手術などを経て後遺障害の等級併合10級が認定。
内訳
「脊柱に変形を残すもの」として11級7号
「局部に頑固な神経症状を残すもの」として12級13号
「骨盤骨に著しい変形を残すもの」として12級5号

ヘルニアの手術により併合10級が認定

後遺障害の等級併合10級が認定されたのは、ある手術を受けたから!

手術なしでは12級13号すら不可能

理屈の上では、手術を受けない方が重い症状が残るため、重い後遺障害等級の可能性が高まると思うかもしれません。
しかし、実際にはその逆で、上記画像程度のヘルニアの方は、一番軽い後遺障害等級である14級9号しか認定されないのが通常です。
したがって、上記等級を決定付けたのは、手術を受けたことです。

固定術は凄い!

固定術によって症状は大幅に緩和したのに、なぜか重い等級が認定されました。
もちろん、そうなることを患者本人も理解していました。

固定術を受けた患者の感想

確かに、手術を受けることは大変です。
勇気も必要です。
しかし、「長い目で見れば、症状が緩和されることは仕事を続ける上でも有効ですし、後遺障害等級が高く認定されることで得られる賠償金額も大きくなるメリットがあります。」

固定術の難しさ

この手術は希望すれば誰でも簡単に受けられるというものではありません。

交通事故の場合、多くの医師は患者に積極的に関わることを嫌がるからです。
特に、首・腰の手術には消極的です。

因果関係の問題が起こりやすいためです。
その結果、交通事故以外の患者になら手術を勧めるケースでも、交通事故の患者にだけは勧めない、ということが起こります。
そこで、医師に負担をかけない工夫が必要になるのです。

ジコナビは、交通事故の専門家として、医師に負担をかけない方法を知っています。
したがって、ジコナビは、交通事故の患者を嫌がらない医師の紹介が可能です。
ジコナビの協力医の中には脊椎専門医もおり、交通事故の患者だからという理由だけで手術を拒否することはございません。
それは、ジコナビが医師に迷惑をかけない方法を熟知しているからです。

回復と慰謝料UPの両立を目指したい方へ

あなたが、もし、事例のような解決を希望されるのでしたら、是非、ジコナビまでお問い合せ下さい。
病院紹介を中心としたサポートで徹底的に治療効果と慰謝料UPのお手伝いをさせて頂きます。

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。
トップページへ戻る

700contact

関連記事

カテゴリー