頚椎椎間板ヘルニアで12級13号が認された事例

※ご本人様より特別の許可を戴き紹介しています。

追突事故を契機に発症

この方の場合、追突事故により頚椎椎間板ヘルニアの症状が発症しました。

事故から数年が経つ現在も同じ症状に悩まされています。

その症状が今回実施した異議申立により認められ14級9号から12級13号へと認定結果が変更されることになりました。

因果関係が争点

交通事故で発症する椎間板ヘルニアは、常に因果関係が問題となります。

つまり、事故により発症したかどうかが争点です。

事故でヘルニアが発生したかは問題ではなく、ヘルニアの症状が発症したかです。

重要な違いです。この事例を参考に異議申立をお考えの方は、必ず区別して新たな医証獲得に努めて下さい。

MRI画像

側面からの画像 椎間板が後方に飛び出し神経を圧迫していることが分かります。

側面からの画像 やはり後方に飛び出し神経を圧迫しています

上から見た画像 椎間板が右後ろ(画像上は左後ろ:左右反対に写ります)に飛び出し神経を圧迫していることが分かります

医師によってはオペ適用、という程の重度のヘルニア

異議申立を行う前段階で複数の医師にかかりました。

いずれの医師もヘルニアの程度は強いことを認め、中には手術を勧める医師もいました。

異議申立のために実施したこと

異議申立のために主に次のことを実施しました

  • これまでにかかった全ての病院における症状推移の確認
  • 複数の医師から意見をもらう
  • 専門の異なる複数の医師にかかる
  • ペインクリニックでの治療も試みました
  • 新たな医証を複数入手する

実施したのは主に以上の5点です。

こうして異議申立の成功率を高めました。

結果は12級13号が認められ異議申立は無事成功

異議申立は無事に成功し12級13号が認定されました。

決め手は新たな医証の質が高かったことです。

これがなければ異議申立は成功しなかったと思います。

お手軽にご利用頂けます

tsuyomi1

当事務所には、後遺障害等級の認定部分だけをご依頼頂くことが可能です。

交通事故解決全般は弁護士にまかせつつ、医師・病院とのネットワークが強みを発揮する後遺障害等級の部分のみを当事務所にご依頼戴くことが可能です。また、その部分に関して、報酬が重複することもないので、手軽に使い分けして頂くことも可能です。

ご相談・ご依頼の前に、判断材料として、無料メール講座

mail_kouza590

「頚椎椎間板ヘルニアで希望通り解決する方法編」

無料メール講座事故マイスターメール講座

無料メール講座入力フォーム
無料。1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。

「頚椎椎間板ヘルニア編」の主な内容

  • 失敗する交通事故被害者が多い頚椎椎間板ヘルニア
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#3 画像所見
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#4 因果関係
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#5 外傷性
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#6
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#7 医師との対話
  • 頚椎椎間板ヘルニアで希望通りに解決する方法#8 転院
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#1
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#2
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#3
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#4
  • 新視点 根治療法と上位等級を両立させる方法#5
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#1
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#2
  • 頚椎椎間板ヘルニアで理想的なクライマックスを迎えるために#3
  • etc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です