Topics

脊髄損傷は詐病と疑われる?(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

詐病を疑われる代表格・脊髄損傷

交通事故の被害者から、「脊髄損傷は詐病を疑われやすいの?」という質問をよく受けます。
確かにその通りです。
後遺障害等級の認定という観点からの回答ですが、確かにその通りです。

後遺障害等級の認定機関は、自賠責保険損害調査事務所ですが、
調査事務所は、交通事故に遭って脊髄損傷を訴える被害者を、
「脊髄損傷?そんなことはないだろう。」という目で見ているように思います。
このことを認識しておかないと、被害者は報われません。

交通事故の被害者は、脊髄損傷の症状を自覚しています。
また、実際に日常生活で大変な苦労をしています。
そのため、「実際に苦しんでいるのだから分かってもらえるはず。」
「交通事故にあったのは間違いない事実だし、被害者なのだから分かってくれるだろう」
という気持ちになるのは当然のことかもしれません。

しかし、そのせいで立証作業が遅れ、挙句の果てに、詐病の疑いをかけられるのです。

後遺障害は被害者の立証が必要

主治医が保険会社を説得してくれるものではありません。
保険会社が「大変ですね。私達が認めてあげますよ。」とういこともありません。

後遺障害は、交通事故の被害者が頑張って立証しなければ認められない
のです。

「交通事故の被害者なのだから、全て手続きは保険会社が親切に行ってくれる。」などと考えていると、詐病を疑われ、辛い思いをすることになるかもしれません。
しっかり検査をして立証に必要な証拠を収集して下さい。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー