Topics

交通事故で膝の靱帯損傷、後遺症の立証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で膝の靱帯を痛め、後遺症を残した時に役立つストレスレントゲン撮影。

ストレスレントゲン撮影。


後遺障害等級を決定づける重要な証拠に。
ストレス撮影はすごい!


このような状態でレントゲン撮影を行っています。

膝の靱帯損傷で後遺症の認定を受けたい時に役立つ検査です。
普通のレントゲンと異なり、力を加えながら撮影するのが特徴です。
これにより、膝の動揺性(不安定性)を客観的に証明できます。
膝の靭帯を怪我して後遺障害の等級申請をする場合、MRI検査のみでは不十分です。
必ずストレスレントゲン撮影を行って下さい。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。
トップページへ戻る

700contact

関連記事

カテゴリー