交通事故被害者の示談のポイント

カテゴリー 後遺障害全般に関する知識

示談で失敗しないために


交通事故の被害者のための相談はこちら
ジコナビ
(行政書士事務所・交通事故ナビ)
06-6136-6011
(火曜日~土曜日/午前10時~午後6時)

示談で失敗しないためのポイント

示談のポイントは?

人身事故の場合、後遺障害等級が付くか付かないかによって、示談金額は大きく異なります。

例えば、もっとも低い等級がつくだけでも、つかない場合と比べると、約200万円は増額されます。

また、重たい障害が残る場合、等級が一つ上がるだけでも1,000万円を越える差額が生じることもあります。

後遺障害等級の影響力は極めて大きいものです。

示談のポイントは、人身事故の場合、後遺障害等級が付くか付かないか

慰謝料や休業損害といった、比較的聞き慣れた言葉かと思いますが、実は、これらも後遺障害等級がつくことで増額される可能性があります。

後遺障害等級がつけば慰謝料はほぼ確実に増額されます。

そして、休業損害も増額される可能性が高まります。

後遺障害等級が付くか付かないかは、

慰謝料や休業損害にも影響あり

すなわち、示談のポインは、交渉の上手下手ではなく、後遺障害等級で来ます

示談のタイミング

示談はどのタイミングで行うの?いつがベスト?

損害内容が全て出揃う時点で、初めて示談交渉が可能となります。

その時点とは、身体が完全に治るか、後遺障害等級が確定した瞬間です。

その瞬間までは、損害総額を算出することは出来ないため、示談したくても出来ません。

それまでは焦らずじっくり、示談のポイントを押さえた準備をしておきましょう。

示談までの流れ

示談までの流れは?

最もよく起こっている追突事故とむち打ちを例に解説

怪我の大小や、相手方の態度によって順番が前後する場合があります

  1. 事故直後
    1. 警察への通報、相手方の連絡先を確認、レッカー、実況見物、保険会社へ連絡
    2. 病院にて初診を受け、警察提出用診断書を入手
    3. 警察へ診断書提出
    4. 適用される保険関係を確認の上、本格的にリハ通院開始
  2. 約一月後
    1. 物損の示談に向け、相手方の保険会社とやり取り開始
    2. 修理費用や買い替え費用、過失割合に納得できれば物損示談、できなければ物損示談を人損示談まで後回し
  3. 以降~治療終了まで
    1. 完治した場合、示談交渉スタート。慰謝料などの内容に納得できれば示談書に押印して交通事故解決終了。できなければ調停・紛争処理センター・弁護士に依頼する、などを検討。
    2. 完治しない場合、医師に症状固定の診断の上、後遺障害診断書を依頼。後遺障害等級の認定手続へ。
  4. 後遺障害等級認定
    1. 認定結果に納得できれば、示談交渉を開始。
    2. できなければ異議申立へ。
  5. 示談交渉
    1. 示談交渉を開始。
    2. 示談内容に納得できれば押印して終了。
    3. できなければ調停・紛セン・弁護士依頼などを検討。
示談の行方は、後遺障害等級が付くか付かないかで既に決まっています。
示談交渉が始まってから決まるのではなく、その前の後遺障害等級にかかっています。
示談のポイントを押さえた交通事故被害者のための相談はこちら
ジコナビ(行政書士事務所・交通事故ナビ)
06-6136-6011(火曜日~土曜日/午前10時~午後6時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です