【自賠責保険情報】後遺障害等級の認定に時間のかかる理由のひとつがこちら

カテゴリー 後遺障害全般に関する知識, 自賠責保険基準

後遺障害等級の認定に2~3ヶ月もの時間を要する理由のひとつ

自賠責保険において後遺障害等級の認定には、結果の通知が届くまで時間がかかります。

およそ2~3ヶ月もかかります。

その内、以下の「加害者への問い合わせ」に通常2週間を要します。

加害者が即座に対応すれば短縮されますが、対応しなければ2週間かかります。

その問い合わせの内容は、主に、加害者から被害者へ直接支払った金銭がないかどうかです。

そして、問い合わせに回答しない場合には、自動的に「支払った金銭がない」ことになり、被害者への後遺障害等級の認定通知へと進みます。

被害者の立場からは早く回答して欲しいところですが、加害者の立場からは見慣れない封書が突然届くので面食らうため、何もしないまま期限が過ぎてしまうということが頻発します。

以上が自賠責保険の後遺障害等級の認定に2~3ヶ月もかかる原因の一つです。ご参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です