Topics

交通事故に遭ったが、検査をしてもらえない・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師が適切な検査をしてくれない

交通事故に遭った被害者から、「主治医に検査をお願いしてもなかなか対応してもらえない。」という相談を受けることがあります。
確かに、怪我を治療する観点からは医師の判断は間違っていないと思います。
なぜなら、医師は、治療に必要な時期・範囲で検査を行っていればその判断は適切だからです。
すなわち、医師にとって、検査はあくまで治療手段の一つに過ぎないないのです。
そのため、交通事故後、時間が経過してから、検査を行い異状が確認されるということが多いのが現状です。
医師は、検査の異常に合わせて治療のプランを再考しますので、医師の治療に問題が生じることはありません。

要するに、医師は、後遺障害の認定において、検査が遅れれば交通事故との因果関係が問題となることは全く意識していないのです。
このような事情で、交通事故の被害者が検査をお願いしてもなかなか対応しないのです。

交通事故の患者に限っては、やはり検査をお願いしやすい医師というのも大切なキーワードですよね。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー