Topics

交通事故で足首をケガしたら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故の足首の打撲・捻挫等にはストレスレントゲン

交通事故で足首をケガした場合、靱帯も痛めた可能性があります。
そのような場合に役立つ検査がストレスレントゲン撮影です。


足首のストレスレントゲン撮影


足首の外側の靱帯を痛めたときに有効な検査です

交通事故で足首をケガし、靱帯を痛めたあなたへ

靱帯損傷の有無はMRIで確認できます。
しかし、どの程度の損傷かが分からないのです。

したがって、MRIだけでは後遺障害等級の認定の観点からは不十分です。
後遺障害等級の認定の観点からは、ストレスレントゲン撮影が必要です。
靱帯損傷の程度が分かりますので、後遺障害等級の認定に役立ちます。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。
トップページへ戻る

700contact

関連記事

カテゴリー