私(前田)の左膝MRI

カテゴリー 膝の後遺障害

左膝の痛みが続くためMRIを撮影してきました

私(前田)は、3月初旬より左膝に痛みが続くため、MRIを撮影してきました。

クリックすると拡大します

写真左:内側半月板の損傷像

写真右:腸脛靱帯炎

内側半月板損傷はO脚の宿命です・・・

交通事故でも頻発している内側半月板損傷ですが、O脚の持ち主にとっては宿命のようなものです。

ついにやってきました、といったところです。

 

腸脛靱帯炎はいわゆる「ランナー膝」

腸脛骨靱帯炎とは、太ももから膝の外側を通ってスネの骨(脛骨)につながる靱帯の炎症のことで、別名ランナー膝と言います。

膝の曲げ伸ばしを繰り返す中で発症するもので、私の場合はサイクリングのしすぎということでしょう。。。

交通事故が原因になることはまず考えられません。

当面、無理な運動は自粛します。

 

【参考サイト】

膝のオーバーユース

ランニングや、本格的な陸上競技をされている方々など、

走るということに関して一生懸命になっておられる方は、

ついつい膝のオーバーユースをおこしがちです。

一見、膝の痛みなので関節の中に原因があるように思われがちですが、

実は、関節の周りにある筋肉や靭帯の炎症であることが多いのです。

ですので、膝の周りに起こりうるオーバーユース症候群(使いすぎ症候群)について、

以下で御紹介していきたいと思います。

引用元: 膝のオーバーユース.