骨折治療の金属板が入ったまま飛行機に乗ると・・・: Hepporon Library

カテゴリー 治療・病院・医師にまつわる問題

骨折部のプレート固定と金属探知機

膝関節脱臼骨折後の靱帯再建術
こちらの写真はイメージです

面白い実験をされた方がいるのでご紹介します。

【実験内容】

骨折部を固定した金属プレートは金属探知機に反応するか?!

【結果】

「無反応」。

私も交通事故に遭い、1999年春~2000年夏まで大腿部に金属棒(髄内釘=キュンチャー)が入っていましたが、残念ながら、この方のように実験するまでには至りませんでした。

ちなみに、私の時はステンレス製の固定具がシェアを占めており、金属探知機には反応すると主治医から説明を受けていました。

今は、チタン合金の全盛期です。ひょっとすると、そうしたことも無反応の理由だったのかも知れません。

金属プレートの大きさや位置も影響するはずです。

調べた上で、改めてご報告したいと思います。

骨折治療の金属板が入ったまま飛行機に乗ると・・・

湯河原から東京へ出てお台場で半日過ごしたあと、帰りは羽田から飛行機で。

JAL137便はJA771J、one world塗装のB777-200。

引用元: 骨折治療の金属板が入ったまま飛行機に乗ると・・・: Hepporon Library.

骨折治療の金属板が入ったまま飛行機に乗ると・・・: Hepporon Library” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です