Topics

高次脳機能障害のメカニズム解明に一歩前進!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高次脳機能障害のメカニズム解明に一歩前進です

注意障害などの高次脳機能障害の解明や治療法につながる研究成果の発表がありました。
主な内容は、目から入った情報が脳内でどのような処理過程を経ているのか、そして、その過程において重要な役割を担う信号がある、というものです。
かなり専門性の高い内容なので私も十分な理解が出来ていませんが、これでまた一歩、高次脳機能障害の解明と治療に近づいたのは間違いありません。

記事の詳細は本文をご覧下さい。

京都大学は、動き・奥行きや色・形など、視覚情報に基づく物体認知に「前頭前野」から発信される「トップダウン信号」が重要な役割を果たしていることが発見されたと発表した。成果は、京大研究霊長類研究所の二宮太平特定研究員、同井上謙一特定助教、同高田昌彦教授らの研究グループによるもの。研究の詳細な内容は、5月17日付けで「Journal of Neuroscience」オンライン版に掲載された。

引用元: 京大、視覚による物体認知は前頭前野からのトップダウン信号が重要と確認 | エンタープライズ | マイナビニュース.

700contact

関連記事

カテゴリー