Topics

膝の靱帯を損傷(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故で膝の靭帯損傷

交通事故で膝のケガをした場合、靱帯が損傷している場合があります。
靱帯は骨と骨をつないでいる組織で、関節の過度の動きを抑制する働きをしていますので、膝の靱帯を損傷すると膝関節の安定性が失われて、膝がぐらぐらする(動揺性といいます)ことがあります。

膝の動揺性を後遺障害として認定してもらうためには、ストレスレントゲンによって動揺性の程度を他覚的に立証する必要があるのです。
しかし、医師にお願いしてもなかなかストレスレントゲン撮影の意義を認識していただけないことが多いのがつらいところです。
ストレスレントゲン撮影は治すための処置ではないので、後遺障害に理解のある医師でないと「それやって何になるの?」という反応が多いようですね。

ジコナビは、信頼性の高い専用の機材でストレスレントゲンを実施してくださる病院をご紹介することが可能です。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故無料法律相談を行っております。
交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポート致します。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー