交通事故にて被害者が健康保険を使うデメリット partⅡ

カテゴリー 健康保険

関連記事

交通事故にて被害者が健康保険を使うことのメリットはこちらをご覧ください

交通事故にて被害者が健康保険を使うデメリット partⅠはこちらをご覧下さい

保険会社の思うツボ!

交通事故で健康保険を使用すると、治療の範囲や期間に制約を受けます。

たとえば、半年以上の入院が必要な重症事故でも、それ以上の入院が認められないケースがあります。

診療点数が激減する(病院の儲けが少なくなる・場合によっては赤字になる)からです。

半年までは十分な診療点数がつくので病院は気持ちよく受け入れてくれますが、以降は追い出す方向に動きます。

しかし、露骨に追い出すわけではなく、あくまでも「医療の必要がなくなったから。」とか「他の急患のためにベッドを空けて欲しい。」といった建前を説明されます。

交通事故の場合、これを保険会社に逆手にとられるおそれがあります。

病院の「医療の必要がなくなったから。」という発言はあくまでも建前なのに、保険会社は「医師が治療打ち切りを認めた。」という打ち切りの根拠にしかねないからです。

これでは交通事故被害者は報われません。

追い出された上に治療費や休業損害を打ち切られたのでは、踏んだり蹴ったりです。

健康保険を使用するデメリットはこのような形で顕在化することもあるのでご注意下さい。

無料メール講座のご案内

お問い合せやご相談の前にご利用下さい。

mail_kouza590

「賠償に勝利する健康保険の使い方」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

1日1テーマ。豊富なボリューム。専門家による正しい知識。
一日一通のペースでメールが届きます。

「賠償に勝利する健康保険の使い方」編の主な内容

  • 交通事故で健康保険は使えるの?
  • 交通事故で健康保険を使うには?
  • 健康保険を使ってメリット獲得#1 治療費節約
  • 健康保険を使ってメリット獲得#2 打ち切り対策
  • 健康保険をあえて使わない選択
  • 解決全体を見渡した場合の選択肢#1
  • 解決全体を見渡した場合の選択肢#2
  • 解決全体を見渡した場合の選択肢#3
  • etc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です