事前認定の申請とは?

カテゴリー 後遺障害全般に関する知識

事前認定の申請とは?

単純に,後遺障害診断書を加害者側の任意保険会社に提出するだけの申請のことです。

任意保険会社を通じて、必要資料と後遺障害診断書を等級認定機関である自賠責損害調査事務所に提出するものです。

メリット

メリットは必要資料を任意保険会社が用意してくれるので,

被害者は等級の結果を待つだけで良い点です。

デメリット

事前認定の申請は非常に楽で良いのですが、

油断してはいけません。

任意保険会社は営利企業なので,被害者の等級認定に不利な妨害工作をする可能性があります。

等級が一つ変わるだけで,賠償金額がまったく別物になります。

そうならないための妨害です。

そして,さらなるデメリットもあります。

それは、

等級が決定しても自賠責保険からの後遺障害保険金を,

任意保険会社が最後の示談成立まで握ってしまうことです。

治療費や休業損害を打ち切られて,

ただでさえ経済的にも精神的にも疲弊してしまっているのに,

最後の示談成立までお金が入って来ない状況になるというわけです。

それでは、

安い賠償金額でも納得しなければならない状況にもなりかねません。

被害者請求

こうしたメリット・デメリットを真逆にしたのが被害者請求の申請です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です