Topics

靭帯損傷でストレスレントゲン撮影(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wiget_hizastress

レントゲン撮影の一種ですが、普通のレントゲン撮影とは少し違います。
ストレス=負荷(押したり引いたり捻ったりという負荷)をかけながら、レントゲン撮影を行うのです。
膝や足首の靱帯損傷で、後遺障害等級の認定を目指す際にはストレスレントゲンの撮影をすることが必要です。

膝・足首の動揺関節を立証するためのストレスレントゲン撮影

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー