本日の診察同行 脊椎専門医

カテゴリー つぶやき

本日の診察同行日記

脊椎専門医の診察に同行

こちらの写真はイメージです。

本日は、事故を契機に発症した頚椎椎間板ヘルニアの交通事故被害者に同行し、

脊椎専門医の診察を受けてきました。

専門医に尋ねたかったのは次の一点。

  • 事故前のMRIと事故後のMRI比較検討し事故と発症の間に因果関係ありと言えるか否か

こちらの専門医に診てもらうのは2回目で、

1回目ですでに椎間板ヘルニアが手術対象であると言われていました。

ただし、事故前にも頚椎椎間板ヘルニアで治療を受けたことのある方でしたので、

因果関係の判断を慎重に行おうということになっていたわけです。

そこで、事故前に撮影されたMRIを取り寄せ、

事故後のMRIと比較し事故の影響を判断してもらうことになりました。

そして、本日、その判断を仰ぐべく診察をうけてきたわけです。

結果は、因果関係「あり」でした。

「明らかに事故前後で変化が認めらる」とまで言ってもらうことが出来ました。

脊椎専門医にここまで言ってもらえた以上、もう何も心配することはありません。

自信を持って次なる治療である手術に進むことができます。

因果関係の心配のある方は専門医の診察を

もし、今かかっている主治医が因果関係に消極的な見解であったとしても、

専門医の診察により状況が一変する可能性があります。

本日の被害者の場合もそうでした。

前医はかなり消極的で、しかも、徐々に説明内容が悪くなっていたそうです。

初めは手術を進めておきながら、数ヶ月後には、そんなことを言った覚えはないとまで言われたそうです。

こういうことは交通事故ではよくあることです。

交通事故というだけで医師に冷たくされることは珍しくありません。

それが理由で受けるべき治療が受けられないことも珍しくありません。

交通事故に偏見をもたず、且つ、自信をもって診断できる医師にかかることが重要です。

当事務所では、そのような専門医しかご紹介しておりません。

同じような状況の方がいらっしゃいましたら、是非、当事務所にご相談下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です