Topics

ヘルニアで脊椎専門医を受診(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脊椎専門医の診察

こちらの写真はイメージです。

交通事故を契機に発症した頚椎椎間板ヘルニアの場合、脊椎専門医を受診することが効果的な場合があります。

もっとも、交通事故のヘルニアで一番問題となるのが、

  • 事故前のMRIと事故後のMRI比較検討し事故と発症の間に因果関係ありと言えるか否か

言えるかです。

特に事故前にも頚椎椎間板ヘルニアで治療を受けたことのある方の場合は、
因果関係の判断を慎重に行う必要があります。

事故前に撮影されたMRIを取り寄せ、
事故後のMRIと比較し交通事故の影響を判断して貰うことが必要となります。

脊椎専門医から、因果関係「あり」と診断されたり、
さらに踏み込んで「明らかに事故前後で変化が認めらる」と診断され場合には、手術に踏み切っても大丈夫です。

逆に言えば、脊椎専門医の診察がなければ、手術を行っても後遺障害の等級が認定されるか、ひいては手術費用すら微妙になります。
保険会社は間違いなく因果関係がないこと主張してきますので、それに対抗するには医師の診断書等が必要だからです。

因果関係の心配のある方は専門医の診察を

もし、今かかっている主治医が因果関係に消極的な見解であったとしても、
専門医の診察により状況が一変する可能性があります。
交通事故の治療ではよくあることです。
交通事故というだけで医師に冷たくされることは珍しくありません。

それが理由で受けるべき治療が受けられないことも珍しくありません。
交通事故に偏見をもたず、且つ、自信をもって診断できる医師にかかることが重要です。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている脊椎専門医の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー