Topics

交通事故で大学病院に通院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特に交通事故の治療は、大学病院が良いとは限りません

交通事故で国立の大学病院に通院することが良い結果を生むとは限りません。
特に、軽微な怪我で大学病院に通院すると無駄な通院になる可能があります。

確かに、大学病院を頼りたくなる気持ちはよくわかります。
交通事故は一生に一度あるかないかのことですから、
負ったケガが軽傷かどうかに関わらず大きな病院を頼りたくなるお気持ちは分かります。

しかし、その気持ちとは裏腹に大学病院の態度はドライなことが多いです。
大学病院の医師を主治医にするのはよほど特殊な症例か複雑な怪我の場合に限るべきです。

それ以外の怪我で大学病院に通院するメリットはあまりありません。
市民病院も同様です。

大学病院や市民病院といった総合病院は、
検査や手術の見通しなどを尋ねる程度にとどめるべきです。
特殊な検査を受ける場合には病院の利益を考慮せずに実施してくれますのでお勧めなのですが・・・

大学病院や市民病院は、待つ時間が長に割りに診察時間が短いなど被害者が頻繁に通院する病院としては適切ではありません。
交通事故の慰謝料が通院の日数に応じて支払われますので、頻繁に通院が出来ない大学病院や市民病院に通院するとデメリットの方が大きくなります。
場合によっては、挽回困難な程度まで状況を悪くしてしまうこともあります。

自分の怪我の状況に応じて病院を選ぶことが大切です。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー