被害者請求は絶対有利か?

カテゴリー 後遺障害全般に関する知識

事前認定と被害者請求のどちらが有利?

後遺障害申請は、相手方任意保険会社に後遺障害診断書を渡す「事前認定」とうい方法と

被害者が自分で資料を集め後遺障害診断書と一緒に相手方自賠責保険に提出する

「被害者請求」とうい方法の2通りがあります。

簡単で比較的短期間で認定がおりてくるのは事前認定の方です。

しかし、余計な妨害があるのではないか?という心配から、

また、それまでの交渉の経緯から相手方任意保険担当者に不信感を持って

被害者請求を選択される被害者の方が増えています。

では、被害者請求の方が被害者にどんな場合でも有利なのかといいますと

必ずしもそうとは言い切れません。

被害者請求では被害者本人が、画像や診断書、診療報酬明細書を全て集めなければいけませんし

認定にかかる時間が事前認定に比べて相対的に長くかかる傾向があります。

それだけシビアに審査がなされているということだと思います。

高い等級がつく見込みがなければ、任意保険会社としても早く示談を終了させてしまいたいというのが本音ですので

下手に非該当になって被害者が納得せず、こじれて裁判になったりすることを望んではいません。

場合によっては、被害者の症状が一貫して継続しているので後遺障害として認定してあげて下さい

といった意見書を自賠責に添付されていたケースもありました。

後遺障害認定上、真に重要なのは、どの経路で申請を行うかではなく

後遺障害診断書の内容の方なのです。

後遺障害診断書の内容がしっかりしていれば事前認定でも被害者請求でも

結果に大差はないというのがジコナビの持っている印象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です