異議申立対策

カテゴリー 後遺障害全般に関する知識

交通事故によって頚椎・腰椎捻挫を受傷した場合、

後遺障害認定上、通院実績がかなり重視される傾向があります。

もし、初回の申請で非該当になってしまった場合、異議申立を考えられると思いますが

症状固定後に全く病院や整骨院に通院しなくなっていますと

異議申立の可能性が小さくなってしまいます。

全く通院していないと、異議申立の根拠として、

症状固定後も引き続きしっかり通院しているので

症状の残存や一貫性が認められると言う点を主張することができなくなってしまうからです。

異議申立の可能性を考えるなら、治療費は健康保険を使ってでも通院を続けておくのは

賢明かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です