Topics

異議申立の対策(後遺障害)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

等級認定に対する異議申立の対策

交通事故によって頚椎・腰椎捻挫を受傷した場合、後遺障害の等級認定上、通院実績がかなり重視される傾向があります。
もし、初回の申請で非該当になってしまった場合、異議申立を考えると思います。
もし、症状固定後に全く病院や整骨院に通院していないと異議申立が認められる可能性が低くなるかもしれません。
なぜなら、全く通院していないと、異議申立の根拠として、固定後も引き続きしっかり通院しているので症状の残存や一貫性が認められるという点を主張することができなくなってしまうからです。
異議申立の可能性を考えると、症状固定後も健康保険を使って通院を続けておくのが賢明だと思います。
また、異議申立のためだけではなく、あなた自身の体のことを考えると一定の通院は必要ではないでしょうか。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー