Topics

腰椎椎間板ヘルニアで耳鳴りは?脳血流低下は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故による腰椎椎間板ヘルニアで耳鳴り?脳血流検査?


腰椎MRI 第4・5腰椎間にある椎間板が後ろに飛び出しているのが分かります

交通事故で腰椎椎間板ヘルニアが発症し、連鎖的に耳鳴りや物忘れも発症したと訴える方がおられます。

検査を受けたい気持ちは分かりますが・・・

このような場合、検査の手配は可能ですが、検査を受けないことをお勧めしております。
交通事故後は様々な体調不良が起こります。
耳鳴り、鬱症状など交通事故被害者によって様々な体調不良が起こります。
もちろん、このような体調不調は、すべて交通事故と関係していることは間違いないでしょう。

因果関係は広くない

しかし、実際問題、医学的に因果関係ありとされるのはごく狭いのが現実です。
また、裁判で認められる範囲もそれほど広くないのが現実です。
それを踏まえると、

  • すべての検査を受けるとかえって逆効果になってしまいます

無理難題を言うつもりはなくても、そう捉えられる可能性が高まります。
保険会社が無理難題を言っていると判断した場合、保険会社は、弁護士対応に切り替えるでしょう。
弁護士対応になっても状況は大きく変わらないのですが、弁護士対応になれば、多くの場合、弁護士から、納得できないなら訴訟を提起して下さいと言われますので、交渉の余地がなくなる可能性が高くなります。
したがって、因果関係が認められる範囲を大まかに把握した上で、その範囲で徹底した検査・診察を求めるようにするのが賢明だと思います。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故初回無料相談を行っております。
ジコナビは、交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポートします。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪市周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。
トップページへ戻る

700contact

関連記事

カテゴリー