Topics

労災適用のメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

交通事故に遭われたのが通勤途上だったという場合、通勤災害として労災保険の適用を受けることができます。

ただ、相手方保険会社が当初から治療費・休業損害の支払対応してくれている場合労災適用の申請がされていない場合が多いですね。

もし相手方任意保険によって休業損害が全額補償されている場合であっても労災適用すれば、平均賃金の20%を休業特別支給金として受け取ることが可能です。

労災の保険給付としての休業補償(平均賃金の60%)は既に相手方から補償を受けているとして支給されませんが、休業特別支給金は、保険給付とは別枠の社会復帰促進等事業としての支給金であり、保険給付のように第三者行為(この場合交通事故)による賠償金との支給調整は行われません。

もし相手方保険会社から100%休業損害を補償されていてるならば+20%で120%の補償を受けられることになります。

ただし、時効があって、療養のため労働することができないために賃金を受けない日ごとにその翌日から起算して2年

までしか遡ることができませんから、悠長に構えていないで早期に申請することが肝要です。

700contact

関連記事

カテゴリー