Topics

不思議な認定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dさんは頸椎捻挫由来の神経症状で14級が認定されていました。

後遺障害診断書を拝見すると、他覚的所見の欄には頸椎捻挫由来の症状を裏付ける所見が全くありません。
しかも、症状固定の段階では本人の認識でも症状はほとんど残っていなかったそうです。
これでは本来後遺障害として認定される余地がないのですが14級がついていました。

Dさんはずいぶん前の事故で足の骨を折り、痛みが残っていましたが、今回の事故で痛みがひどくなったことが一番気になっている点であり、後遺障害として認めて欲しい点でした。

しかし、さすがに今回は骨折もなく、以前の骨折部はきれいに癒合しており、元々痛みがあったことが後遺障害診断書に記載されているので、後遺障害として認定される余地は元々なかったことを説明しました。

Dさんの後遺障害診断書では非該当が強く予想される内容でしたがそれでも頚部に関して14級がついたのは、事前認定だったからかもしれません。
被害者請求で申請されていたらシビアに精査されて非該当になっていてもおかしくないケースだと思いました。

700contact

関連記事

カテゴリー