Topics

肩関節の障害(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肩関節の障害による後遺障害の等級

肩関節に障害が残った場合、後遺障害の等級認定を受けることは容易ではありません。
肩の打撲という傷病名がついていても、腱板損傷等の器質的損傷がMRIで明確に捉えられない場合は、仮に事故受傷後に肩関節が拘縮して可動域制限を抱えるようになっても治療の経過から痛みに関して14級が認められるのみで、可動域制限は後遺障害として認められないケースがほとんどです。

肩のMRI画像の読影は難しい

肩のMRI画像の読影は難しいことから、肩関節の専門の先生でないと見落とされてしまうこともあり得ます。
やはり事故後早い段階で肩関節専門医の診察を受け、性能の良いMRIで精査してもらい、器質的損傷の有無を明らかにしてもらう必要があります。

交通事故に遭われた方へ

ジコナビは、交通事故無料法律相談を行っております。
交通事故の被害者を多く治療されている医師の紹介も行っております。
ジコナビは、医師と弁護士が連携して交通事故被害者を全面的にサポート致します。
大阪市鶴見区、城東区、旭区、都島区、門真市、守口市、大東市、東大阪市、四條畷市など大阪周辺で、交通事故に遭われ、弁護士をお探しの方は、事故後早期にジコナビにご相談ください。

700contact

関連記事

カテゴリー