肩関節の障害

カテゴリー ケガ/部位別・後遺障害等級

後遺障害認定に結びつきにくい障害として肩関節の障害があります。

肩の打撲という傷病名がついていても、腱板損傷等の器質的損傷がMRIで明確に捉えられない場合は

仮に事故受傷後に肩関節が拘縮して可動域制限を抱えるようになっても

治療の経過から痛みに関して14級が認められるのみで

可動域制限は後遺障害として認められないケースがほとんどですね。

肩のMRI画像の読影は難しいので、肩関節の専門の先生でないと

見落とされてしまうこともあり得ます。

やはり事故後早い段階で肩関節専門医の診察を受け、性能の良いMRIで精査してもらい、

器質的損傷の有無を明らかにしてもらう必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です