高次脳機能障害 9級10号認定(非該当からの異議申立を受任) 和歌山県 女性 主婦

カテゴリー 高次脳機能障害

9級10号認定(非該当からの異議申立を受任)

非該当から9級10号認定

異議申立前の状況

すでに一度は、後遺障害の申請を行っていましたが、

高次脳機能障害のための検査は何一つ受けていませんでした。

異議申立のための準備

dr213

立証に欠かせない「神経心理学的検査」を一通り受けて頂くため、

協力関係にある医師の中から高次脳機能障害を専門とする、

大学病院の医師にかかって頂きました。

診察#1 大学病院での初診

家族と一緒に問診を受け、

関係のありそうな症状をピックアップし、

検査方針をたてました。

一連の検査

初診の際に立てた方針にもとづき、

一連の検査を受けて頂きました。

診察#2 2回目の問診

検査結果を確認し、

さらなる追加検査の要否を確かめました。

幸い、予想通りの検査結果が得られており、追加は不要という判断に至りました。

異議申立へ

後遺障害診断書の入手と、添付書類の準備

大学病院から高次脳機能障害のための後遺障害診断書を入手し、

それを基に立証書面の作成を行いました。

手続実施

異議申立手続を実施、

結果、高次脳機能障害が認められ9級10号が認定されました。

当初の検査不足から、

上手く状況を挽回でき、

示談に向けて良い結果を得ることができました。

その後

後遺障害等級が認定されるまで当事務所が担当しますが、

その後の弁護士の仕事となります。

認定された後遺障害等級を最大限に活かすべく、

交渉に強い弁護士を紹介させて頂きました。

異議申立の成功率を高めるために

rinen_9

異議申立に必要な医学的な立証作業を当事務所では得意としております。

高次脳機能障害の可能性があるのに、

立証不足によって認定を逃している、あるいは、低く認定されているという方は、当事務所までお問い合わせ下さい。

大学病院の専門医と連携し、サポートさせて頂きます。

解決に一歩踏み出す!「無料メール講座」のご案内

お問い合せやご相談と併せて、あるいは、その前にご利用下さい。

mail_kouza590

「高次脳機能障害で上位等級!」編

無料メール講座事故マイスターメール講座

「高次脳機能障害で上位等級!」編の主な内容

  • 相変わらず見落とされ易いのはなぜ?
  • 認定されればいきなり上位等級になる障害
  • 高次脳機能障害って何?
  • 記憶力や意思疎通能力の低下があったら高次脳機能障害を疑うべき
  • 問題解決能力の低下というような症状もある
  • 集中力や持久力の低下?
  • 性格の変化も?
  • 高次脳機能障害が認定されるための基本的な条件は?
  • 事故による脳の損傷がスタートライン?
  • 画像所見の裏付けが重要
  • 意識レベルの低下が継続したか?
  • 脳の高次の機能がどの程度損なわれているかを評価する
  • 知能検査(神経心理学的検査)
  • 言語機能検査
  • 記憶検査
  • 遂行機能検査
  • 人格特性検査
  • 社会生活にどの程度支障があるかの評価
  • 「神経系統の障害に関する医学的意見」
  • 認知・情動・行動障害
  • 社会生活・日常生活に与える影響について
  • 全般的活動および適応状況
  • 日常生活状況報告
  • 就労・就学状況
  • 声かけ、見守り、介助が必要な理由
  • 社会生活での支障の程度をアピールするコツ
  • 高次脳機能障害の後遺障害申請?
  • 1級は4000万円!、2級は3000万円!
  • 3級の高次脳機能障害は2219万円!
  • 5級の高次脳機能障害は1574万円!
  • 7級の高次脳機能障害は1051万円!
  • 9級の高次脳機能障害は616万円!
  • 12級で224万円、14級で75万円
  • 高次脳機能障害で上位等級のために#1
  • 高次脳機能障害で上位等級のために#2
  • 高次脳機能障害で上位等級のために#3
  • etc.

完全無料! 使える知識をお届けします。

無料メール講座入力フォーム